人妻テレフォンセックスの凄さ

初めまして。私は人妻テレフォンセックス歴20年です。

皆様、初めまして。
人妻とのテレフォンセックスを趣味として20年のハチベエと申します。
このサイトでは何故、わたしくしハチベエがツーショットダイヤルで人妻とテレフォンセックスすることになったのか、そして人妻とのテレフォンセックスにどんな魅力があるのかを綴っていきたいたいと思います。


ツーショットダイヤルを利用する事になったきっかけ

まず、人妻とテレフォンセックスする魅力を語る前に、なぜ私がツーショットダイヤルを利用することになったのかを話したいと思います。
今から20年前の1998年というと、ちょうどポケベルに代わり携帯電話やPHSが誰でも所持するような時代です。
さらに数年さかのぼると、いわゆるダイヤルQ2や援交の頃です。私はブームの乗り遅れてしまい、世の若いギャル達(アムラー)と美味しい思いができませんでした。
投資話でもそうですが、いつもそういう美味しい話が出る頃には既に下火であったり、社会問題化されて法規制寸前であったりと、最新の情報についていけなかったのです。
少し話がそれましたが、「Q2の次はなんだ??次は波に乗ろう!」
ダイヤルQ2が法規制されると徐々に台頭しだしたのが自宅からでも利用できるツーショットダイヤルでした。
「次は遅れを取らずに美味しい思いをしてやる!」そう思い、飛びつきました。


実際に利用してみると

実際にツーショットダイヤルを利用してみると、かなりの女性達とつながった。
援助目的の女性もいたし、美人局もいた、一般女性ともたくさん知り合えた。
ひとりひとりとの体験談を話したらかなりの記事がかけると思うが、文章力がないのでネタが尽きた頃にまた触れたいと思う。
最初は出会い系だと思っていたが、会う話をした途端に電話を切られてしまう、または相手がびっくりする。
「ツーショットダイヤルってこういう目的じゃないの??」
当日はインターネットなんてものは無かったし、調べ物はもっぱら雑誌だった。
今はコンビニの雑誌も数が減っているが、当時は週刊誌やアダルト誌などが豊富にあり、情報を仕入れるのには困らなかった。
続く…


驚愕の事実が発覚

たしか週刊誌だった思う。
ダイヤルQ2やツーショットダイヤルに関しての記事が書かれており、ツーショットダイヤルサービスの本来の主旨を知り大変驚いた。
「出会う出会わないではなく、テレフォンセックスをするところだ。」
これには、かなりの衝撃を受けた。
電話でセックスするなんてありえない、成立するわけがないと。しかし、テレフォンセックス目的で利用している女性が実際にいるわけで…
そういえば、東宝系の映画、マルサの女だか何とか家の人々でも奥さんがテレフォンセックスで副業してたっけ。
(まったくの記憶違いなら申し訳ないです)
「よし、自分もいっちょテレフォンセックスとやらをやってみるか。」
これが最初の利用です。


自然と人妻とテレフォンセックスするように

当時は夜勤型の仕事かつ、平日休みだった。
ツーショットダイヤルを利用しようとすると起きてから。どうしても昼前後になってしまう。
年代別やジャンル別にコーナーはいくつかあるが、その中でも異様によくつながるコーナーがあったのだ。
それが人妻・熟女コーナーである。当時はまだ20代後半で人妻と話すというよりかは同年代また年下と話したかった。
しかし先ほども言ったように平日昼間にツーショットダイヤルを利用すると人妻や熟女としかつながらない。
仕方なしというか、必然的に年上女性や人妻とテレフォンセックスをして楽しむしか無かったのだ。

一回り違う奥様とのテレフォンセックス

今までテレフォンセックスというものには全く興味が無く、ビデオを見てオナニーする日々だった。
平日の早朝・昼間なら風俗点を安く利用できるのだが、いかんせん出不精の自分には合わないのだ。
アダルトビデオ以上、風俗未満の自分にとっては、ツーショットダイヤルは好都合な性欲解消の手段だった。
いつも11時にダイヤルをするとプロフィールコーナーで最初のほうに流れてくる女性がいる。
「今、主人が帰ってくるまで暇してます。今裸でクリトリスをいじってます」
若い女性を探すのだが、決まった時間にいつもこの女性のプロフィールが流れ、気になってしまい、ついに電話してしまった。
女「あれ?ずいぶん若いのね。」
俺「いつもメッセージが流れいて気になってました。」
相手からしてみればお初なんだが、何度も声だけは聞いていたのであまり緊張はしなかったと記憶している。
女「年下の男の子とエッチできるなんて凄く興奮する。あっあっっ」
なんと、話の流れでテレフォンセックスするのかと思いきや、既にお相手の人妻はテレフォンセックスを始めていたのだった。
耳元で聴こえる熟女の熱い吐息・あえぎ声。自然と俺のチンコは勃起してしまい、すぐにシコり始めてしまった。
なんというか、女性と世間話から始まりテレフォンセックスまで持っていくのが一連の流れだと思っていた自分にとっては凄く嬉しかったのだ。
その後、この女性とも何度もテレエッチしたが仲良くなっても世間話は少しだけですぐテレフォンセックスになり心地よかった。
これは、この熟女だけに限らず、ツーショットダイヤルを利用する人妻・熟女全般でそういう傾向が感じられた。
以降、人妻・熟女とのテレフォンセックス目当てで特定のコーナーしか利用しなくなった。

人妻テレフォンセックスの薦め

人によっては雑談から始まりテレフォンセックスをするまでの過程が楽しいという人もいるでしょう。
ただ、利用できるお金が限られている自分にとっては、いかにすぐテレフォンセックスまで持っていくことができるかが重要だし、気持ちよく利用できる。
お金をたくだん使ったのにエッチな会話が少ししかできなかったとか残念すぎる。
このホームページを見に来てくれた皆様には人妻・熟女コーナーを利用したほうが楽しく遊べるんだということを伝えたい。
俺が長年利用している、人妻とテレフォンセックスができるお勧めのツーショットダイヤルのリンクを残して終わりにしたいと思う。